世界NO.1ラグビー大国で学ぶ!
ニュージーランド高校ラグビー留学

留学概要

.

安全な親日国で最高の高校ラグビー生活ができる!
オールブラックスを筆頭に、今や世界で圧倒的な強さを誇りナンバーワンに君臨するニュージーランドでラグビーをプレーしながら高校を卒業できる留学プログラムです。世界的に見ても治安が良く、安全で質の高い教育環境でラグビーと学習に打ち込むことができます。現地のラグビー界に精通した日本人スタッフのサポート付きで困ったときも安心。より高いスキルを身に付け、世界的に活躍できるラガーマンになるカリキュラムが凝縮されたおススメの留学プログラムです!

【NZ高校のラグビーで得られること】

ラグビー世界ランキング1位の実績
ラグビー大国ならではのスキルが習得できる!
ラグビー留学で培われる人脈
世界レベルを見据えたラグビー仲間とのネットワーク!
高いクオリティーと少人数制のクラス
進学や就職に生かせる本物の英語力が身につく!
自分で卒業プランを形成するスタイル
多種多彩な選択科目から拡がる将来の可能性!
現地日本人スタッフがサポート
代表チームでコーチを務める日本人が留学のお手伝い!

.

NZの高校ラグビーの特徴

ニュージーランドの高校ラグビーは、1st XV(1軍)、2nd XV(2軍)、3rd XV(3軍)・・・などレベルや体重によってチームが細分化されています。また日本の様に1軍だけ公式戦がるのとは異なり、どのレベルにおいても大会があり、レベル毎にチャンピオンを決めるリーグ戦が設けられています。そのため、3年間ずっと控えのような事はなく、必ず試合に出場できるチャンスが与えられるのでレベルアップすることができます。
ラグビーをプレーするのは3月から8月までです。2月下旬頃からチームを結束し、4月末頃まで「プレーシーズン」と呼ばれるトレーニングや練習試合を行います。5月から8月末にレギュラーシーズンが開催され、プレーオフに出場すれば最長で9月末まで試合が行われます。10月から2月は「完全オフ」で、この期間はラグビー部は一旦解散をし、それぞれクリケットやタッチラグビーなどの別の競技に専念したり、ジムに通い勉強に専念するなど様々です。
ニュージーランドは日本に比べて練習時間が短いです。まずレベル毎に分かれていますから少人数で練習するため、非常に効率的に時間を活用しています。各チームには必ず指導者が配置され、考え方を押し付けるのではなく選手たちに考えさせ実行させるスタイルが主流です。また指導者と選手の距離感が近く、気さくにコミュニケーションを取り信頼関係を深めています。一方で静かに黙々と練習をしていても、高い評価はもらえません。いかに指導者と会話を交わし自己を主張することで、指導者はどういう人間性なのか、何を考えているかなどを把握し戦略を立てているのです。

.

NZの高校について

ニュージーランドの高校は Secondary Schoo(セカンダリー・スクール)や College(カレッジ)と呼ばれ、9年生から13年生(13歳から17歳)までの期間が対象となります。新学期は1月下旬から始まり4学期制です。日本の中学は3月が卒業となるので、現地の1学期目から参加はできませんが、4月末から始まる2学期からでも授業に参加することもできますので安心です。英語力が無くても留学生向けの英語クラスを設けているので問題はありませんが、できれば中学を卒業してすぐに渡航し、2学期が始まるまでの間に現地の語学学校に通って英語学習をスタートさせるのも良いでしょう。

.

ターム1
ターム2
ターム3
ターム4
ターム5
【ターム1】
1月下旬~4月中旬
【ターム2】
4月下旬~7月上旬
【ターム3】
7月中旬~9月下旬
【ターム4】
10月中旬~12月中旬
【夏休み】
12月中旬~1月下旬

.

*各学期終わりに約2週間の休み期間(スクールホリデー)あり
*短期間での留学が可能な学校もあり(ラグビーのシーズン期間のみ)

.

レベルに応じたクラス設定

学生個人の学習レベルや進路希望や加味し、担当のカウンセラーがそれぞれの能力に応じた履修スケジュールを組んでくれます。ただ日本の高校とは異なり、学生自身でやりたいことをしっかりと伝え、将来やりたいことに関連する科目を選択し、卒業までのプランニングを行う必要があります。

文武両道の理念

どの高校もラグビーやクリケットなど、スポーツにも力を入れていますが、どんなにプロチームを約束された優れた選手であっっても職業は「学生」。スポーツをする前に学業を怠ってしまうと、大会はおろかチームの練習に参加できないケースもあります。特にニュージーランドの学校でラグビー部に所属するということは、学校の顔にもなりますので、最低限の教養を身に付け、バランスを保ち学生の見本とならなければなりません。

豊富な進路の選択肢

ニュージーランドの高校を卒業すると、ニュージーランドはもちろん、オーストラリアやイギリス、アメリカ、カナダなどの英語圏の大学への進学が有利になります。また2年以上現地に滞在した学生に関しては「帰国生」となるため、「帰国生枠」を設けている日本の有名大学などへの進学のチャンスも広がります。もちろんラグビーの功績が認められれば、現地のクラブチームへの加入の他、日本のラグビー強豪大学やトップリーグチームへの就職も夢ではありません。

.

.

オークランドについて

オークランドはニュージーランドの玄関口。日本からの直行便は全てオークランドに到着し、クライストチャーチやクイーンズタウンをはじめとした国内全ての都市への国内線ネットワークの起点となっています。ニュージーランド最大の都市であるオークランドはニュージーランドの最新情報の発信地。食、音楽、ファッションなどエンターテインメントの充実ぶりも国内最大規模を誇ります。また、美しい海とのどかな島々に囲まれた都市であるため、くつろいだ時間を過ごしたい時にもおすすめ。48ヵ所もの死火山、古代から残る熱帯雨林に覆われた山脈など、地理的にもユニークな場所が多く、と快適な楽しみだけでなく、自然を十分に満喫することができる街です。

.

気候と環境

オークランドの気候は温暖で、夏・冬ともに日本ほど厳しくありません。また「一日の中に四季がある」と言われるほど、天気が非常に変わりやすいのも特徴です。1時間ごとに、晴れと雨が入れ替わることもあります。オークランドは「シティ・オブ・セイルス(帆の街)」と呼ばれています。その由来は、ヨットやボートの所有者が多く、そして海上に出て遊ぶ市民が多いからです。ヴァイアダクト・ハーバーからは、世界最高峰のマッチレース「アメリカズ・カップ」に出場したヨットに乗船できます。海上で迫力満点のジェットボートを体験したり、ランチを兼ねたハーバークルーズに参加したり、海のアクティビティも豊富です。

人々の特徴

ニュージーランド人は寛容な人が多く、相手のミスなどにも寛容で「なんとかなるでしょ」と楽天的なところも見受けられます。「こうあるべきだ」という固定概念はなく、価値観が違っても「そういう考え方もあるのね」と受入れてくれる精神です。ニュージーランドは、先住民であるマオリをはじめ、様々な国からの移民を受け入れている多人種国家。留学生の受入れも積極的で、日本人に対しても抵抗なくフレンドリーに接してくれます。人口約400万人のニュージーランドでは、なんと言っても国技であるラグビーが国民の生活のベースになっています。小さな村に行けば広大なフィールドで楽しむ子供の姿があり、バーに行けば試合を見ながらお酒を楽しんだり。幼少期からラグビーに触れて育っているので、オールブラックスは子どもたちの英雄。ラグビーは父から子へと受け継がれるスポーツでもあります。

.

.

▲ページのトップへ