【毎週土曜日】
ラグスター ラグビー教室 東京・江東大島校

指導コンセプト

【指導コンセプト】ラグスター ラグビー教室 東京・江東大島校

 STEP1
「体づくり」が最優先です
ラグビーには、瞬発力・俊敏性、リズム、反射、スタミナなどあらゆる運動能力が必要です。運動能力をアップすれば、ラグビーが上手になります。
 STEP2
「正しい基礎」を学ぶ事で上手になります
ラグビーのスキルを一つずつ伸ばしていく事が大切です。正しい基礎を身に付ければ、パフォーマンスが飛躍的に向上し、ラグビーが上手になります。
 STEP3
「できた!」が自信になります
課題が克服できた時、大きな達成感や喜びが得られます。この時こそ、本当のラグビーの楽しさを味わう事ができ、更なるスキルアップの意欲が生まれます。

.

.

【指導コンセプト】ラグスター ラグビー教室 東京・江東大島校

体が変わればラグビーが変わる

一生に一度だけ訪れるゴールデンエイジ (あらゆる物事を短時間で覚えることができ、巧みな動きを身に付ける最も適した時期) に瞬発力・俊敏性・リズム・反射・スタミナなどの運動能力が向上することで、ラグビースキルを飛躍的にアップすることができます。例えば、俊敏性がアップすればディフェンス範囲が広くなり、ディフェンス力が向上します。瞬発力がアップすれば足が速くなり、アタック力をアップすることができます。そして体が変わればラグビーが変わります。運動能力を含めた体づくりがとても重要なのです。

【指導コンセプト】ラグスター ラグビー教室 東京・江東大島校

「正しい基礎」を学ぶことで変わる

正確なパス、確実なキャッチ、狙った位置へのキック、相手を確実に倒すタックルにはすべて「正しい基礎」が必要です。例えば、正確なパスをする基礎はボールを持つ位置やテイクバックの位置、投げる位置がポイントです。狙った位置へのキックの基礎は、ゆっくりキックモーションに入り、狙った位置を決め、上半身のひねり動作を意識をしながら足に力を伝えることがポイントです。ラグビーのセンスがない、運動神経が悪い、リズムが悪いだけで、あきらめる必要はありません。上手くなる「正しい基礎」を身につければ、眠っている才能が目覚め、必ずラグビースキルが上達します。

【指導コンセプト】ラグスター ラグビー教室 東京・江東大島校

「できた!」の達成感が自信になる

運動能力がアップし、ラグビーの基礎を身につければ、今まで悩んでいたことや不安に思っていることが克服でき、大きな喜びへと変わります。例えば「正確な位置へスクリューパスを投げられるようになった」「キックの飛距離が伸びた」などスキルアップによる達成感は大きな自信へとつながります。ラグビーの本当の楽しさは、ラグビースキルの向上、つまりラグビーが上手になることです。今までできなかったことができるようになった時にラグビーの本当の楽しさを味わうことができ、自ら「やりたい!」という意欲が湧いてきます。

.

.

▲ページのトップへ